ノンシリコンシャンプーが合わない原因を探る

ノンシリコンシャンプーが合わない人

近頃人気のノンシリコンシャンプーですが「きしみ、ベタつき、痒み」といった症状が起こる人も多いようです。

 

このページでは「なぜノンシリコンシャンプーが合わないか」や対策をお伝えします。

こんな症状がでるとシャンプーが合ってない

「シャンプーが合わない」という口コミをよく見かけますが、具体的な判断基準は何でしょうか?

 

ここでは大きく分けて3つご紹介します。

髪がきしむ

ノンシリコンシャンプーを使ったとき、シリコンシャンプーと比べて「なんだか髪がきしむな〜」と感じる方は多いと思います。

 

シリコンは髪をコーティングすることで、ツルツルした髪質に変えてくれます。それは髪の手触りはもちろん、ツヤや静電気防止など様々な効果に繋がります。

 

対してノンシリコンシャンプーにはコーティング効果はありません。なのでシャンプーそのものの効果が直接髪に影響を与えます。

 

髪のきしみはシリコンの有無にかかわらず、強力な洗浄成分を配合したシャンプーによく見られます。対策としてマイルドな洗浄成分が入った「アミノ酸系シャンプー」に変えるときしみが改善することが多いです。

ベタつき

髪のベタつきは気になりますよね。見た目の清潔感も失われますし、なんとしても避けたい症状です。

 

ベタつきの原因はシャンプーの成分を「強力な洗浄成分」から「アミノ酸系のやさしい洗浄成分」に変えた方に起こりやすい現象です。

 

実は強力な洗浄成分はお湯に溶けやすく簡単に洗い流すことが出来ます。対してアミノ酸系のシャンプーは保湿成分が多いことから、すすぎをしっかり行わないと完全に洗い落とすことが難しいです。

 

すすぎの重要性は結構見落としがちです。実は3分くらいかけると良いと言われています。髪がベタつく方は是非お試しください。

痒み

コチラは原因が2つあります。

 

1つは強力な洗浄成分が原因で頭皮が乾燥し過ぎることです。その場合はアミノ酸系のシャンプーに変えることをおススメします。

 

もう1つはアミノ酸系のシャンプーを使っても頭が痒くなる場合です。コチラはすすぎ不足が原因の可能性が高いです。すすぎ時間を3分程度に伸ばすと解決するケースが多いようです。

よくある粗悪なシャンプーを暴露!

ノンシリコンシャンプーが合わない人

超強力な洗浄成分×シリコン配合
このような組み合わせは要注意です。

 

代表的な強力洗浄成分は以下の2つです。

・ラウレス硫酸na
・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

通常これほど強力な成分を使用すると、髪がきしむのは当然の話です。

 

ただしシリコンを配合することで、髪がきしんでもキレイに整えることが可能なんです。

 

よって、どんなに髪にダメージがあっても気づきません。髪のきしむノンシリコンシャンプーは容器の成分表をチェックしてみましょう。

まとめ

ノンシリコンシャンプーが合わないというよりは、配合されている成分とシャンプーの仕方に原因がありそうです。

 

ノンシリコンシャンプーは特に成分が重要になります。シリコンでゴマカシがきかないのでシャンプーの性能がハッキリ現れます。

 

成分は天然のモノを選ぶと、きしみや痒みといったトラブルが少なく済みます。

 

このサイトでお伝えしているサボンモーヴの成分については「サボン モーヴとは?ほかのノンシリコンシャンプーとの違い」をご参照ください。

 

もちろんコンディショナーがシリコンだったら何の意味もありません。サボンモーヴのようにコンディショナー不要のものか、ノンシリコンのコンディショナーを使うことをおススメします。